スポーツジムに通うより普段から筋肉をつける努力を!

若い頃、10代から20代半ばくらいまではご飯を食べずにダイエットをある程度成功させることができていましたが、20代後半くらいからなかなか体重の減りが芳しくなくスポーツジムのインストラクターさんに相談して筋肉を動かしてダイエットするようにしました。

 

ムキムキの筋肉にする必要は無く、また全身の筋肉を満遍なく鍛える必要は無いとアドバイスを受け、さらにインターネットなどで調べると大胸筋や太もも周辺の筋肉を意識的に動かすもしくは鍛えることで効率的にダイエットができると知りました。

 

大きな筋肉を動かすことで代謝が良くなり、上腕二頭筋など小さな筋肉を動かすよりも効率的に体重を減らすことができるようです。

 

そこで実際に試してみました。一週間のうち3日は腕立て伏せとスクワットを10~20回行うようにし、日中は階段を利用し太もも周辺を意識的に使うようにしました。

 

食べる量は普段より気持ち減らすくらいで、1か月後もともと体重60kgあったのが57kgまで減っていました。

 

スポーツジムには普段土日の1度行くか行かないか程度の運動しかしていない時は体重の増減がなかったにも関わらず、意識的に大胸筋と太もも周辺を鍛えることでダイエットに成功しました。

 

実際大きな筋肉を日常的に使う習慣が定着し代謝が以前より良くなった、あるいは良い状態が今の普通の状態になったことで無理せずに痩せやすい体質に変わったのではないかと思います。

 

1週間に一度のスポーツジムより日常的に筋肉を意識したダイエットの方が効果的だと思います。

 

ディープチェンジHMB口コミ>>

 

効率よく筋肉をつけるならこれです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です